みんな大好き!から揚げのいろいろな作り方を覚えてみませんか?

から揚げと言えば子どもが大好きなメニューの一つですね。運動会のお弁当にも必ず入っているのでは?鶏もも肉を油で揚げる絶品から揚げはもちろん、ここでは節約になる鶏むね肉の作り方や、レンジを使った作り方、また魚のから揚げの作り方もご紹介します。ぜひお試しください。

絶品「から揚げ」の作り方を覚えましょう

から揚げは簡単そうに思えて、いざ作ると「からっと揚がらない」「味が薄い」などなかなかうまくいかないものです。おいしくできる作り方のコツ覚えてみませんか?

美味しいから揚げの作り方①絶品!鶏のから揚げ

絶品!鶏のから揚げ

から揚げと言ったらまずはこれ!基本の作り方をご紹介します。

材料(2人分)

鶏もも肉 1枚(300g程度)
濃口醤油 大さじ2
酒 大さじ1
生姜しぼり汁 ひとかけ(約10g)分
片栗粉 大さじ2~3
レモンなどの柑橘類 適宜

「鶏のから揚げ」の作り方

【1】鶏もも肉をカット

鶏もも肉を食べやすい大きさにカットします

【2】下味をつける

鶏肉をボウルに入れ、醤油、酒、生姜のしぼり汁で漬け込みます。時間は15~20分くらいです。
*漬け汁が少なめの場合などは途中上下を入れ替えるように混ぜてください。

【3】片栗粉をまぶす

20分経ったら漬け汁を1割ほど残して捨てます。次に、鶏もも肉1枚に対して片栗粉大さじ2~3杯程度加え、もみ込みます。手にしっかり絡みついて糊状になればOKです。

【4】揚げる①

このレシピのポイントは2度揚げです。
まず、160℃に温めた油で3分ほど揚げたら、一度取り出して鶏肉を3~5分くらい休ませます。

【5】揚げる②

休ませる間に、油を190~200℃まで上げます。 最後に高温にした油に鶏肉を戻し入れ、1~2分カリッと揚げて完成です。

鶏のから揚げ

一度上げた後休ませている間に、鶏肉にはじんわりと中まで火が通ります。そして最後に高温で揚げることで外はカリッと、中はジューシーな鶏のから揚げができます。この作り方はおすすめですよ。

美味しいから揚げの作り方②鶏むね肉の塩麹から揚げ

鶏むね肉の塩麹から揚げ

材料(2 人分)

鶏むね肉 1枚
塩麹 大さじ2~2と1/2
ショウガ汁 1片分
片栗粉 適量
揚げ油 適量
レモン(くし切り) 適量
クレソン 1~2本

「鶏むね肉の塩麹から揚げ」の作り方

【1】下準備

鶏むね肉は身の厚い部分に包丁で刺して厚みを均等にし、大きめのひとくち大に切ります。塩麹とショウガ汁をもみ込み、半日以上置きます。(ビニール袋を使うと、手が汚れず洗い物も増やさないのでおすすめです。)

【2】揚げる

揚げ油を160℃に温めます。鶏むね肉の水気を拭き取り、片栗粉をまぶして揚げ油に入れ、ゆっくり揚げます。

【3】盛り付け

器に盛り、レモン、クレソンを添えて完成です。

鶏むね肉の塩麹から揚げ

パサつきがちな鶏むね肉を塩麹でしっとり仕上げる作り方です。塩麹は焦げやすいので、低めの温度でゆっくりと揚げて下さい。

美味しいから揚げの作り方③ピリ辛レンジ鶏から揚げ

ピリ辛レンジ鶏から揚げ

材料(2人分)

鶏もも肉 1枚(約250g)

〈下味〉
 コチュジャン 大さじ1/2
 酒、しょうゆ 各小さじ1
 塩、砂糖 各少々

片栗粉

【1】下味をつける

鶏もも肉は大きめの一口大に切ります。ボウルに入れ、〈下味〉の材料を加えてもみ込みます。

【2】片栗粉をまぶす

別の容器に片栗粉大さじ4を入れ、下味をつけた鶏肉を1切れずつ入れてしっかりまぶし、くっつかないように耐熱皿に並べます。

【3】レンジにかける

ラップをかけずに、電子レンジで約5分加熱したら、上下を返してさらに約2分加熱します。器に盛り漬けて完成です。

ピリ辛レンジ鶏から揚げ

油を使わなくてもできるから揚げの作り方を知っていると、少量作る時や、朝のお弁当作りに重宝しますね。ピリ辛なので、お酒のおつまみがちょっとほしい時にもいいですね。

美味しいから揚げの作り方④豆あじのから揚げ

豆あじのから揚げ

材料(2人分)

豆あじ(13~15cm長さのもの) 10~12匹(約240g)

【A】
 酒 大さじ1
 しょうゆ 小さじ2+1/2
 はちみつ 小さじ2+1/2
 酢 大さじ1/2

サラダ菜 適量
白ごま 適宜
揚げ油 適量
かたくり粉 適量
ごま油 小さじ1
黒こしょう(粗びき)  少々

「豆あじのから揚げ」の作り方

【1】下準備

豆あじはエラぶたをあけて親指と人さし指でエラをつまんで引っ張り、内臓ごと取り除きます。内側も水洗いして水けを拭いておきます。

【2】揚げる

豆あじにかたくり粉を薄くまぶします。フライパンに揚げ油を2cmほど入れて160℃に熱します。豆あじを6~7分間じっくり揚げたら、190℃に上げて2~3分間カラリと揚げます。油をきり、大きめの耐熱ボウルに入れます。

【3】たれをからめる

フライパンの油を片付け、紙タオルで拭いたら、【A】を入れて混ぜ、強めの中火でひと煮立ちさせます。少し煮詰まって泡が大きくなったら、豆アジの入っているボウルに入れます。さらにごま油小さじ1を加え、たれを全体にからめます。

【4】盛り付け

器に盛り、黒こしょう少々をふり、サラダ菜を添えます。好みで白ごまをふって完成です。

豆あじのから揚げ

揚げたての豆あじに、酸味がきいた甘辛だれでからめます。ごま油の風味がきいていて、箸が止まらないメニューです。他の材料でも応用できる作り方ですね。

美味しいから揚げの作り方⑤さばのごまから揚げ

さばのから揚げ

材料(2人分)

さば(三枚におろしたもの)  1/2尾分
トマト 1/2個
レモンのくし形切り 1切れ
パセリ 適宜
塩 こしょう 片栗粉 トマトケチャップ
揚げ油

「さばのから揚げ」の作り方

【1】下準備

さば・・・大きめの一口大に切り、塩、こしょう各少々をふって、片栗粉を薄くまぶします。
トマト・・・へたを切り、スプーンなどで種をかき出して、5mm角に切ります。
パセリ・・・粗みじんに切ります。

【2】揚げる

揚げ油を中温(170~180℃)に熱してさばを入れ、ときどき返しながら4分ほど揚げます。

【3】盛り付け

揚がったら油をきって器に盛ります。器のあいたところにトマトを散らし、上にパセリをふります。トマトケチャップとレモンを添えて完成です。

さばのから揚げ

粉をまぶしてカリッと揚がったさばは、トマトケチャップをからめた、トマトといっしょにいただくのがおすすめです。お好みでさばにレモンを絞ってください。

いろいろなから揚げの作り方をご紹介しました

いかがでしたか?鶏もも肉がなくて、油で揚げるのが面倒でも、美味しいから揚げは作れます!いろいろな作り方を試してみてくださいね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ