イケメン料理研究家「コウケンテツ」さんのご飯が進むおかずレシピ

テレビでも人気のイケメン料理研究家「コウケンテツ」さん。爽やかな笑顔に癒されたことのある主婦も多いでしょう。今回は、コウケンテツさんのレシピの中でもご飯が進むガッツリ系おかずレシピを紹介します。男前なコウケンテツさんが紹介する、男らしさのあるレシピです。

コウケンテツって何者?

テレビや雑誌で大活躍のイケメン料理研究家「コウケンテツ」さんをご存知ですか。料理番組や夕方の情報番組に出ていることもあり、見たことのある人も多いでしょう。知らない人のために、コウケンテツさんがどんな人物なのか、簡単にご紹介します。

大阪府出身。旬の素材を生かした簡単でヘルシーなメニューを提案。テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。一男一女のパパでもあり、自身の経験をもとに、親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動に力を入れている。

出典:http://kohkentetsu.com

イケメン料理研究家のコウケンテツさんは、1974年生まれの現在42歳。大阪出身の在日韓国人二世です。スポーツが得意で、テニスのプロ選手を目指していた時期もあったのだとか。しかし、椎間板ヘルニアを発症し、その道はあきらめたそうです。一男一女の父であり、子育て番組でも見かけることがありますね。

今回はそんなコウケンテツさんが紹介するレシピの中でも、男性が嬉しい「ご飯が進むガッツリ系おかずレシピ」をピックアップしました。男前なコウケンテツさんの男らしさあふれるレシピで、たくさんご飯を食べましょう。

コウケンテツさんのガッツリ系おかずレシピ①:関西風とんてき

コウケンテツさんのガッツリ系おかずレシピ① 関西風とんてき

ガッツリ系おかず一つ目は、豚肉料理の中でも人気の高い「とんてき」です。ご飯に合うよう、関西風の味付けになっていますよ。

材料(2人分)

とんかつ用肉 2枚
キャベツ 1/4個
にんにく 2片
酒 大さじ3
醤油、みりん 各大さじ1
オイスターソース、ウスターソース、砂糖 各小さじ1
酢 小さじ1/2
塩 適量

コウケンテツさんのレシピ① 作り方

【1】下準備

とんかつ用肉は、周囲に4㎝深さの切れ目を3㎝間隔で入れておきます。塩こしょうで下味をつけましょう。キャベツは千切りにします。スライスしたにんにく、油をフライパンに入れて炒めます。にんにくの香りが油に移ったら、にんにくを取り出しましょう。

【2】焼く

肉を焼いていきます。両面こんがりと焼き色がついたら、酒、醤油、みりん、オイスターソース、ウスターソース、砂糖、酢を入れて絡めます。お皿にキャベツを盛り、肉を盛り付けます。たれをたっぷりかけたら出来上がりです。

関西風とんてき

ソースを使った関西風のとんてきです。たれが絡んだキャベツが、美味しいですよ。にんにくの香りが食欲をそそり、ご飯がどんどん進みます。食べ盛りのお子さんにもおすすめの一品です。

コウケンテツさんのガッツリ系おかずレシピ②:豆腐のサイコロステーキ

コウケンテツさんのガッツリ系おかずレシピ② 豆腐のサイコロステーキ

豆腐が主役のサイコロステーキです。男性に人気のガーリック風味です。

材料(2人分)

木綿豆腐 1丁
じゃがいも 1個
にんにく 1片
パセリ 適量
玉ねぎ(すりおろし) 大さじ2
生姜(みじん切り) 1かけ分
醤油、みりん、酒、水 各大さじ2
砂糖 小さじ2
塩、小麦粉、粗挽き黒こしょう 適量

コウケンテツさんのレシピ② 作り方

【1】下準備

豆腐は2㎝角に切り、キッチンペーパーで包んで水気を取ります。塩少々をふり、小麦粉をまぶします。じゃがいもはよく洗い、皮付きのままくし切りにします。にんにくは薄くスライスしておきましょう。

【2】焼く

油を熱したフライパンでじゃがいもを焼きます。しっかりと火が通ったら取り出しましょう。フライパンに再度油を熱し、にんにくを炒めます。にんにくの香りが油に移ったら取り出し、豆腐を焼いていきます。全面こんがりと焼けたら、玉ねぎ、生姜、醤油、みりん、酒、水、砂糖を加えて絡めます。お皿に盛り付け、粗挽き黒こしょうをかけたら完成です。付け合わせのじゃがいもと一緒にどうぞ。

豆腐のサイコロステーキ

水気が多く、淡白な味わいの豆腐を使った、ガッツリ系おかずレシピです。「本当に豆腐なの!?」とビックリされること間違いなし。ぜひ試してみてくださいね。

コウケンテツさんのガッツリ系おかずレシピ③:プルコギ風豚焼き

コウケンテツさんのガッツリ系おかずレシピ③ プルコギ風豚焼き

人気の朝鮮料理「プルコギ」を、豚肉で作ったレシピです。

材料(2人分)

豚こま切れ肉 150g
玉ねぎ 1/4個
なす 1本
万能ねぎ 1/4束
にんにく(すりおろす) 1片
りんごジュース、醤油 各大さじ2
粉とうがらし、いりごま、酒、ごま油 各大さじ1

コウケンテツさんのレシピ③ 作り方

【1】下準備

玉ねぎ、なす、万能ねぎは食べやすい大きさに切ります。にんにく、りんごジュース、醤油、粉とうがらし、いりごま、酒をボウルに入れて混ぜます。ごま油も加えてよく混ぜます。たれに豚肉と野菜を10分程漬けておきます。

【2】焼く

熱したフライパンに豚肉と野菜をたれごと入れて焼きます。豚肉の色が変わり、野菜がしんなりしたら完成です。

プルコギ風豚焼き

最近人気の朝鮮料理「プルコギ」を豚肉で作ったレシピです。りんごジュースが入ったたれは、ほんのり甘くて深みのある味わいになります。

コウケンテツさんのガッツリ系おかずレシピ④:肉じゃが

コウケンテツさんのガッツリ系おかずレシピ④ 肉じゃが

ホクホクのお芋が癒される肉じゃがレシピです。

材料(2人分)

牛切り落とし肉 150g
じゃがいも 3個
玉ねぎ 1個
きぬさや 4枚
醤油、酒 各大さじ3
砂糖、みりん 各大さじ1と1/2
水 2カップ

コウケンテツさんのレシピ④ 作り方

【1】下準備

じゃがいもは皮をむいて4等分に切ります。玉ねぎは半分をうす切りに、もう半分はくし切りにします。きぬさやは筋とヘタを取ります。

【2】煮る

鍋に醤油、酒、砂糖、みりん、水、牛肉、玉ねぎの薄切りを入れて強火で煮立たせます。アクを取り、きぬさやを入れてサッと煮ます。きぬさやを取り出して落し蓋をし、弱火で20分ほど煮込みます。じゃがいもと残りの玉ねぎを加えてフタをし、15分程煮込みます。煮汁が少なくなってきたら、きぬさやを散らして完成です。

肉じゃが

「得意料理は肉じゃが」と言えばモテるという話を聞いたことがあるでしょう。それだけ世の男性は肉じゃがが好きということなんですね。ほっこりとした煮物は癒しを与えてくれます。もちろん、ご飯との相性もバッチリですよ。

コウケンテツさんのガッツリ系おかずレシピ⑤:とん平焼き

コウケンテツさんのガッツリ系おかずレシピ⑤ とん平焼き

大阪出身のコウケンテツさんが紹介する、大阪の味「とん平焼き」レシピです。

材料(2人分)

豚肩ロース肉(しょうが焼き用) 180g
卵 4個
キャベツの葉 3枚
お好み焼きソース、紅しょうが 各適量
塩、粗挽き黒こしょう、小麦粉 適量

コウケンテツさんのレシピ⑤ 作り方

【1】下準備

豚肉は塩、粗挽き黒こしょうで下味をつけます。小麦粉を薄くまぶしておきましょう。キャベツは千切りにします。

【2】焼く

フライパンに油を熱し、豚肉半量を広げて焼きます。片面がこんがり焼けたら、ひっくり返し上に卵を2個割ります。菜箸で軽く黄身をくずしたら、フタをして2分程焼きます。白身が固まったら半分に折り、お皿にキャベツとともに盛り付けます。お好み焼きソース、紅しょうがと一緒にどうぞ。

とん平焼き

とん平焼きは、大阪ではおなじみの鉄板料理です。材料も少なく、作り方もシンプルなので、金欠時のお助けメニューとしても活躍します。ソースの香りが食欲をそそりますよ。

コウケンテツさんのレシピで、ガッツリご飯を食べましょう。

今回はコウケンテツさんが紹介しているレシピの中でも、ご飯が進むガッツリ系おかずのレシピをピックアップしました。コウケンテツさんは他にも美味しそうなレシピを数多く紹介しているので、色々試してみてくださいね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ