唐揚げを色々な素材で!カリッとジューシーに作れる作り方をご紹介!

唐揚げというと「鶏もも肉」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、鶏もも肉以外にも唐揚げにして美味しい食材は色々とあるんです。どんな食材、どんな作り方があるのでしょうか。また作り方のコツはあるのでしょうか。これを知れば唐揚げをもっと楽しめること間違いなしです!

カリッとジューシーな唐揚げの作り方のコツ

唐揚げは、鶏もも肉に限らずカリッとジューシーに仕上げたいものです。
まずは揚げ方のコツをご紹介しましょう。

唐揚げの作り方のコツ①:あらかじめ室温にもどしておく

鶏肉や豚肉などの肉の場合、室温にもどしておくと、揚げているときに中まで火が通りやすくなります。

唐揚げの作り方のコツ②:衣をつける前に水気をふき取る

材料に下味をつけたら、衣を漬ける前にキッチンペーパーなどで水気を拭き取りましょう。こうすることで、べチャッとした仕上がりになってしまうのを防げますし、油はねも少なくなります。

それではさっそく、色々な材料の唐揚げの作り方をご紹介していきましょう!

ジューシー唐揚げの作り方①:手羽元の唐揚げ

生姜としょうゆが香る、思わず両手で持ってかぶりつきたくなる唐揚げです。

手羽元の唐揚げの材料(2人分)

鶏手羽元 6本

(A)しょうがの絞り汁 小さじ1
(A)しょうゆ 大さじ2
(A)酒 大さじ1
(A)塩 少々

片栗粉
揚げ油

手羽元の唐揚げの作り方

1.手羽元に下味をつける

(A)の材料をボウルに入れ、手羽元を加えてからめます。ときどき混ぜ合わせながら、30分ほどおきます。

2.衣をつけて揚げる

手羽元の下味の水分をペーパータオルで拭きとり、片栗粉を薄くまぶします。油を中温(170~180℃)に熱し、菜箸で返しながら5~6分かけて手羽元を揚げます。最後に強火にしてからりと仕上げ、油をきったら出来上がりです。

手羽元の唐揚げ

下味をつけて揚げるだけなので、作り方はとても簡単!しかも大人も子どもの大満足な一品です。

ジューシー唐揚げの作り方②:豚の唐揚げごまみそ絡め

カラリと揚がった豚肉は、ボリューム満点!かみしめると肉汁がジュワー!ピリリとした豆板醤がアクセントになっています。

豚の唐揚げごまみそ絡めの材料(2人分)

豚肉(とんかつ用) 2枚
しょうゆ 大さじ1/2
酒 大さじ1
にんにく 1片
しょうが 1片
長ねぎ 10cm(40g)
キャベツ 50g
片栗粉 適量
揚げ油 適量

(A)練りごま(白) 大さじ3
(A)みそ 大さじ2
(A)酒 大さじ1
(A)砂糖 大さじ1
(A)しょうゆ 大さじ1/2
(A)豆板醤 小さじ1/2

豚の唐揚げごまみそ絡めの作り方

1.豚肉に下味をつける

豚肉は食べやすい大きさに切り、しょうゆ、酒で下味をつけます。

2.そのほかの材料の下準備

にんにく、しょうが、長ねぎはみじん切りにします。キャベツは千切りにします。

3.ごまみそを作る

(A)の材料をボウルに入れ、2のにんにく、しょうが、長ねぎを加えて混ぜ合わせます。

4.豚肉を揚げる

1の豚肉に満遍なく片栗粉をまぶし、170℃の油で中に火が通るまで揚げます。色よく揚がったら余分な油を切り、熱いうちに3のごまみそを絡め、キャベツを敷いた皿に盛りつけて出来上がりです。

豚の唐揚げごまみそ絡め

そのままご飯に盛り付けて丼にしても美味しいですし、冷めても美味しいのでお弁当のおかずとしての作り方もおススメです。

ジューシー唐揚げの作り方③:3色タコ唐揚げ

居酒屋定番メニューのタコ唐揚げを、ニンニク味・七味味・カレー味で楽しめる作り方です。

3色タコ唐揚げの材料(4人分)

タコ 250g
唐揚げ粉 適量
ガーリックパウダー 適量
ドライパセリ 適量
粗びき唐辛子 適量
カレー粉 適量
揚げ油 適量
パセリ 適量
レモン 適量

3色タコ唐揚げの作り方

1.3種の味のもとをそれぞれ器に入れておく

ガーリックパウダーとパセリのみじん切り、粗挽き唐辛子、カレー粉を、それぞれ別の器にいれて準備します。

2.タコに衣をつけて揚げる

タコは食べやすい大きさに切り、唐揚粉をまぶして油で揚げます。

3.味のもとをまぶす

揚げたタコを3等分し、それぞれに1で準備しておいた味の素をまぶします。パセリとレモンを添えて盛り付けたら出来上がりです。

3色タコ唐揚げ

揚げた後に味のもとをまぶすことで、色がきれいに出ますし、揚げ油に味のもとが入って他に味と混ざらずにすみます。

ジューシー唐揚げの作り方④:アジの唐揚げ

シンプルな味付けだからこそ、アジの旨みが引き立ちます。しっかり目に塩を振るのがおすすめです。

アジの唐揚げの材料(1人分)

中アジ 1尾
塩 2つまみ
ブラックペッパー 少々
片栗粉 適量

アジの唐揚げの作り方

1.アジの下処理と下味つけ

アジは頭を落とし、内蔵を取って、よく洗います。 水気をふき取って、塩、ブラックペッパーをふり、冷蔵庫に10分おきます。

2.片栗粉をまぶして揚げる

出てきた水分をふき取ってから、片栗粉をまぶし、5~6分ほど油で揚げたら出来上がりです。

アジの唐揚げ

外側はカリッと、中はふんわりとしたアジが楽しめます。
シンプルな味付けですが、お箸が止まらなくなります。

ジューシー唐揚げの作り方⑤:里芋の唐揚げ

衣はサクサク、中はホクホク、里芋の唐揚げって実はファンが多いようです。

里芋の唐揚げの材料(4人分)

里芋 小15~20個

(A)醬油 大さじ1
(A)酒 大さじ1
(A)みりん 大さじ1

片栗粉 大さじ6
揚げ油 里芋が隠れるくらいたっぷり

里芋の唐揚げの作り方

1.里芋を下茹でする

よく洗った里芋を、たっぷりのお湯で皮ごと10分~15分程、柔らかくなるまで下茹でします。ざるに上げて、粗熱が取れたら皮をむきます。

2.里芋に下味をつける

1の里芋を(A)の調味料に10分くらい漬けて下味をつけます。

3.片栗粉をまぶして揚げる

揚げ油を180度に熱し、片栗粉をまぶした里芋を入れてカリッと揚げたら出来上がりです。

里芋の唐揚げ

下味に焼き肉のたれを使うと、韓国風にも仕上がります!

ジューシー唐揚げの作り方:まとめ

いかがでしたでしょうか。他にも、ゴボウや高野豆腐なども唐揚げにして美味しいようです。
ぜひ色々な唐揚げに挑戦してみてくださいね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ