ボリューム満点!お腹がいっぱいになるカツ丼のレシピを紹介します。

カツ丼と言えば、トンカツを卵でとじたもののことを指すことが多いですが、ソースカツ丼のことをカツ丼と言う地域もあり、カツ丼のレシピは様々です。そこで今回は、王道のカツ丼の他に、地域のカツ丼や簡単カツ丼レシピ等色んなカツ丼のレシピを紹介します。

カツ丼とは?

カツ丼とは、切り分けたトンカツと玉ねぎなどを割り下で煮込んで、卵でとじた丼のこと言います。
一部の地域(福井県・山梨県・群馬県・岡山県・沖縄県)では、違ったカツ丼が食べられており、基本の形態のカツ丼は、煮カツ丼等別の呼ばれ方をしています。
カツ丼は、多くの定食屋さんや蕎麦屋さん、和食料理店で食べられている人気の丼です。

究極のカツ丼 ガッテン流カツ丼のレシピ。

NHK「ためしてガッテン」で、達人が作るカツ丼と、主婦が作るカツ丼の違いは何だ?といった内容の放送がされていました。
達人の作るカツ丼は、私たちが作っているカツ丼の作り方とは少し違っていて、柔らかいカツにする方法と卵のとじ方が新しい発見になりました。
そこで、ガッテン流達人の作るカツ丼のレシピを紹介します。

材料(4人前)

・豚肉(厚さ1cmのもの)・・・1枚80gの物を4枚
・衣の材料(小麦粉、卵、乾燥パン粉)・・・適量
Aしょうゆ・・・大さじ4
Aみりん・・・大さじ4
Aさとう・・・大さじ4
A水・・・65ml
 ※市販のめんつゆ200mlでも代用可
・玉ねぎ・・・160g
・卵・・・4個

ガッテン流達人の作るカツ丼のレシピ

【1】下準備をする。

①豚肉の筋切りをして、揚げた時にカツが縮まないようにする。
②包丁の背でよく叩いて、豚肉を柔らかくする。
③玉ねぎをスライスする。
④Aをまぜて割り下を作る。

【2】カツを揚げる。

①豚肉に衣をつける。(小麦粉を全体に浸けて、良く溶いた卵にくぐらせて、乾燥パン粉をしっかりつける。)
②油100mlをフライパンに入れて、強火で1分30秒油を加熱する。
③豚肉を入れて強火で2分揚げる。4枚同時に揚げる場合は、うまくパズルのようにはめて、豚肉全部に火が通るように揚げる。
④豚肉を裏返して1分揚げる。
⑤豚肉を揚げている間に丼にご飯をよそっておく。
⑥フライパンから豚肉を取り出し、まな板に乗せる。

【3】割り下で玉ねぎを煮て、トンカツを入れる。

①フライパンの油を取り出し、キッチンペーパーで油を拭き取る。(きれい拭き取らないと焦げ臭さが残ります。)
②フライパンに割り下と玉ねぎを入れて、強火で加熱する。
③割り下を煮込んでいる間に、トンカツを1.5cm~2cmに切る。
④フライパンにトンカツを入れる。

【4】卵を入れて、半熟になったら完成です。

①ボウルに卵を4個割り、黄身を切るようにして2往復させて混ぜる。混ぜ過ぎは厳禁です!
②フライパンに、卵を入れる。トンカツの上に白身が乗るようする。
③フタをして30秒強火で煮る。
④丼にフライ返しなどでよそって完成です。

ガッテン流達人の作るカツ丼は、卵を混ぜ過ぎないようにして、卵の様々な食感を残し、カップラーメンを作るくらいの時間でスムーズに作ることが大事だそうです。

ソースカツ丼(福井県)のレシピ。

ソースカツ丼は福井県が発祥の地だと言われています。
甘辛ソースに絡まったトンカツを丼の上に乗せた、豪快な見た目の丼です。付け合わせにサラダを作ると、尚、良いですね。

材料(4人分)

・トンカツ用ロース肉(厚さ1cmのもの)・・・6枚(約600g)
・卵・・・1個
・水・・・大さじ3杯
・パン粉、小麦粉・・・適量
・塩こしょう・・・少々
・揚げ油・・・適量

《特製ソースの材料》
・ウスターソース・・・100cc
・トマトケチャップ・・・大さじ4杯
・酒・・・大さじ3杯
・砂糖・・・大さじ1杯
・醤油・・・大さじ1杯
・みりん・・・大さじ1と1/2杯
・水・・・大さじ4と1/2杯

ソースカツ丼のレシピ。

【1】お肉と衣の下準備。

①豚肉の筋切りをして塩こしょうを振り、半分に切る。
②パン粉をフードプロセッサー等で細かくする。(袋に入れて綿棒で叩いて細かくするのでも良いです。)

【2】特製ソースを作る。

①小鍋に特製ソースの材料を入れて、沸騰したら弱火にして5~6分煮詰めます。
②つやが出てとろみがついたら、火を止めて冷まします。

【3】カツを揚げる。

①卵と水をよく混ぜ合わせます。
②豚肉に小麦粉をまんべんなくつけて、余分な小麦粉は払い、卵にくぐらせて、パン粉をまぶします。
③揚げ油を中温まで熱し、②の豚肉を入れて、カリッとするまで揚げて、中まで火を通します。

【4】丼に盛り付けて完成です。

①丼にご飯を盛って、熱々のトンカツを特製ソースに絡めて、丼に乗せれば完成です。
※お好みで一味唐辛子を振りかけると美味しく召し上がれます。

衣が薄く、カリカリに揚げられたトンカツをソースで絡めた、後を引く美味しさのソースカツ丼です。
トンカツの他に、メンチカツや各種フライを特製ソースにくぐらせたミックス丼もおススメです。

スーパーのカツとめんつゆで簡単ズボラカツ丼のレシピ

記事番号:32018/アイテムID:1056434の画像

トンカツを油で揚げるのは手間がかかるし、味付けもめんつゆに任せようというズボラカツ丼のレシピです。
さらに、トンカツをチキンカツで代用すれば、節約レシピにもなるのでそちらもおススメです。

材料(1人前)

・トンカツ(チキンカツでも可)・・・1枚
・玉ねぎ・・・40g
・めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ2杯
・水・・・大さじ6杯
・卵・・・1個
・刻みのり・・・1つまみ

簡単ズボラカツ丼のレシピ

【1】カツ丼の下準備

①カツを電子レンジで温めて、2cm幅に切る。
②玉ねぎを薄切りする。

【2】めんつゆと玉ねぎを煮る。

①鍋にめんつゆと水と玉ねぎを入れて、火にかける。
②玉ねぎが柔らかくなるまでフタをして煮る。

【3】カツと卵を入れて煮る。

①鍋にカツを入れて30秒煮込む。
②溶き卵を入れてお好みの固さまで煮込む。

【4】盛り付け。

①丼にご飯を盛り、カツ煮をかけて、刻みのりを振りかけて完成です。

カツ丼の上に乗るのは普通みつばなどの青物ですが、刻みのりをかけても美味しいんです。
スーパーのカツでもひと手間かけてカツ丼にすれば、喜ばれると思います。

デミカツ丼(岡山県)のレシピ。

記事番号:32018/アイテムID:1056496の画像

岡山県でカツ丼と言えば、このデミグラスカツ丼のことを指します。デミカツ丼又はドミカツ丼と略して呼ばれ、ラーメン屋さん等のサイドメニューに並んでいます。
コクがあるデミグラスソースとサクサクなトンカツが絡んで非常に美味しいです。
岡山県のご当地メニューのデミカツ丼のレシピを紹介します。

材料(2人前)

・豚ロース肉・・・2枚
・塩・胡椒・・・少々
・卵・・・1個
・小麦粉・パン粉・・・適量
・キャベツ・・・50g
・揚げ油・・・適量
・ご飯・・・2杯分
・グリンピース・・・小さじ2杯

《デミグラスソースの材料》
・デミグラスソース缶・・・100cc
・鶏ガラスープ・・・50cc
・しょうゆ・・・小さじ1杯
・ウスターソース・・・小さじ1杯
・ケチャップ・・・大さじ1杯

デミカツ丼のレシピ。

【1】トンカツ、キャベツの下準備

①豚肉の筋切りをして、塩・胡椒を振る。
②豚肉を小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけて衣をつける。
③キャベツを千切りにし、冷水にさらしてパリッとさせて、ざるに移して水気を切っておく。

【2】デミグラスソースを作る

①デミグラスソースの材料を鍋に入れて、火にかけて煮込む。

【3】豚肉を油で揚げてトンカツを作る。

①衣のついた豚肉を、170℃の油でカラッと揚げて、油を切って、適度な大きさに切る。

【4】盛り付け。

①丼にご飯を盛り、キャベツを敷いて、カツを乗せて、デミグラスソースをかけて、グリンピースを散らして完成です。

ハインツのデミグラスソースを使えば、かなりのレベルで岡山県のデミカツ丼を再現できるらしいです。
デミカツ丼を作る機会がありましたら、本場の味を再現してみてはいかがでしょう。

味噌カツ丼(名古屋)のレシピ。

名古屋で有名な味噌カツです。同じ味噌カツでも、丼に乗せると何故かガツガツかきこみたくなりませんか?
甘い味噌ダレが絡んだ味噌カツ丼のレシピを紹介します。

材料(4人前)

・豚肉(トンカツ用)・・・4枚
・酒・・・小さじ2杯
・塩・胡椒・・・少々
・卵・・・1個
・小麦粉・パン粉・・・適量
・キャベツ・・・120g
・白ネギ・・・30g

《味噌ダレの材料》
・赤味噌・・・大さじ6杯
・だし汁(鰹節と昆布の合わせ出汁)・・・100cc
・酒・・・大さじ2杯
・みりん・・・大さじ2杯
・砂糖・・・大さじ2杯

味噌カツ丼のレシピ。

【1】下準備。

①豚肉の筋切りをして、酒、塩、胡椒をまぶしておく。
②豚肉に小麦粉をまんべんなくつけて、卵にくぐらせ、パン粉をつける。
③ねぎを3~4cmの白髪ねぎ(ねぎを3~4cmに切り、縦に切り目を入れて開き、中の芯を取り除く。そして、外側を細く切っていく)にして、水に放つ。
④キャベツを千切りにして、水に放ち、水気を切ってざるに取っておく。

【2】味噌ダレを作る。

①味噌ダレの材料を小鍋に入れて、軽く混ぜながら、弱火でポテッとするまで煮詰める。

【3】豚肉を油で揚げる。

①衣のついた豚肉を、170℃の油で色よくカラっと揚げる。
②油をしっかり切って、トンカツを2cm幅に切る。

【4】盛り付ける。

①丼にご飯を盛り、キャベツを敷いて、トンカツを乗せて、味噌ダレをかける。
②水気を手でギュッと絞った白髪ねぎを丼に飾り乗せて完成です。

味噌ダレに豆板醤を加えれば、ピリ辛になります。また、名古屋の味噌カツは白ごまがかかっているものが多く、白ごまをトッピングするのもおススメです。

ボリューム満点!カツ丼のレシピのまとめ

記事番号:32018/アイテムID:1056575の画像

トンカツはもちろん美味しいですが、丼にすると妙に食欲がそそります。
ソースカツ丼やデミカツ丼等いつものカツ丼に飽きたら他のカツ丼も作って見てください。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ