体があたたまる!あたたかいつゆで食べるそうめんの人気レシピ

あたたかいスープが恋しくなるこの季節。そうめんをあたたかいつゆでいただく人気のレシピを集めました。夏に使い切れなかったそうめんでもおいしく作れるので、ぜひ食べきってしまいましょう。家族の笑顔がはじける人気のメニューになること間違いなしのレシピです。

あたたかいつゆで食べるそうめんの茹で時間は?

標準的なそうめんの茹で時間はおよそ1分30秒〜2分ですが、あたたかいつゆでたべる場合は、1分〜1分30秒と短めにしたほうがおいしいです。

そうめんを茹でるポイント

そうめんをゆでる時は、たっぷりのお湯で泳がすように茹でるのがポイント。そうめんをいれた直後は温度が下がるので再び沸騰させ、その後に吹きこぼれないように火加減を調節しながら茹でます。茹で上がったらざるにあげ、流水でしっかりともみ洗いするとコシがでておいしくできあがります。

またしっかりともみ洗いしてコシを出しておくことで、あたたかいつゆにいれてもぬめってくたくたになることを防ぐことができます。

人気のそうめんレシピ①「そうめんフォー」

人気のベトナムのフォーを、そうめんを使ってアレンジしたレシピです。ナンプラーとレモンの酸味を効かせることで味が引き締まります。

そうめんフォーの材料(4人分)

<スープ>
水         2L
手羽先       6本
にんにく      1片
しょうが      1片
ネギの青い葉先   1〜2本分
ナンプラー     大さじ2
砂糖        小さじ1
塩         大さじ2
こしょう      少々
酒         大さじ1

そうめん      4束
小ネギ(小口切り) 8本
玉ねぎ       1/2個
レモン(くし切り) 1/2個分

そうめんフォーのレシピ

【1】スープを作る

にんにくはヘラ等でつぶし、しょうがは3mm厚さの薄切りにする。大きめの鍋に、水、手羽先、しょうがのスライス、つぶしたにんにく、ネギの葉先を入れて強火で加熱し、沸騰直前に火を弱火にして30分間煮る。でてきたアクはまめに取り除く。

【2】スープに味をつける

つゆができたら手羽先を皿にとりわけ、粗熱が取れたら食べやすいように骨から身をはずす。しょうが、にんにく、ネギを取り出す。ナンプラー、砂糖、塩、こしょうで味を調える。

【3】そうめんを茹で、具を用意する

鍋にたっぷりの湯をわかし、そうめんを茹でる。玉ねぎを薄切りにする。小ネギを小口切りにする。

【4】完成

丼に茹でたそうめんをいれ、麺の上に手羽先の肉、玉ねぎ、小ネギをのせ、【2】のスープを注ぐ。小皿にいれたレモンを添え、食べるときに絞っていただく。

そうめんフォーのポイント

鶏肉は、手羽先のほかもも肉や胸肉、手羽元など他の部位でもおいしい出汁が出ます。パクチーを使えばより本格的な雰囲気に。ナンプラーがなければ、香りは弱まりますが濃口しょうゆで代用できます。おうちで人気のフォーが作れるなんてうれしいですね。

人気のそうめんレシピ②「ピリ辛ごま豆乳そうめん」

ヘルシーで人気の豆乳をスープに使ったレシピです。すりごまと味噌が入っているのでこくがあります。

ピリ辛ごま豆乳そうめんの材料(3人分)

そうめん  2束
にら    1/2束
もやし   1袋

<スープ>
鶏ガラスープ   300ml
すりごま     30g
味噌       大さじ4
ごま油      大さじ1
無調整豆乳    300ml
ラー油      適量

ピリ辛ごま豆乳そうめんのレシピ

【1】そうめんを茹でる、野菜を切る

たっぷりの湯でそうめんを茹でておく。にらは洗って長さ4cmに切る。もやしは洗ってざるにあげておく。

【2】スープを作る

鍋に鶏ガラスープをいれて加熱し、すりごま、味噌を溶かしごま油を加える。スープがあたたまったら弱火にして豆乳をくわえる。にら、もやしを加えて野菜に火が通ったら火を止める。

【3】器に盛り完成

器にそうめんを盛り、スープをまわしかける。仕上げにお好みでラー油をふり完成。

ピリ辛ごま豆乳そうめんのポイント

お好みで豚肉などを加えると旨味がさらにアップします。ピリッとした辛さが食欲をそそり体が温まりますね。これからの季節に出番が増えそうなレシピです。

人気のそうめんレシピ③「鶏ひき肉ときのこのあんかけそうめん」

きのこの旨味をたっぷり閉じ込めたレシピです。あつあつを召し上がれ。秋になると食べたくなる人気のレシピです。

鶏ひき肉ときのこのあんかけそうめんの材料(4人分)

そうめん        270g
ごま油         大さじ2
しょうがのみじん切り  大さじ1
鶏ひき肉        150g
しいたけ        80g
えのき         80g
しめじ         80g
まいたけ        80g
京ネギ         1本
出汁          800g
濃口しょうゆ      120ml
みりん         100ml
水溶き片栗粉      適量
柚子の絞り汁      大さじ2

鶏ひき肉ときのこのあんかけそうめんのレシピ

【1】具を用意する

きのこ類はそれぞれ食べやすい大きさに切る。京ネギは千切りにする。

【2】つゆを作る

鍋にごま油を熱し、しょうがと鶏ひき肉を加えて炒める。続いてきのこを加えて軽く炒め、だし汁をいれてひと煮立ちしたら、濃口しょうゆ、みりんを入れて味を調える。再度煮立て、水溶き片栗粉でとろみをつけ柚子の絞り汁を入れる。

【3】そうめんを盛り、完成

たっぷりの湯でそうめんを茹でる。器にそうめんを盛り、【2】のつゆを注いで完成。お好みで一味をふって食べる。

鶏ひき肉ときのこのあんかけそうめんのポイント

きのこがたっぷりと入った人気のレシピです。とろみをつけているので喉ごしがよくつるりと食べられます。きのこはお好きなきのこをたっぷりといれてくださいね。

人気のそうめんレシピ④「あさりそうめん」

あさりからでる出汁がおいしいレシピです。簡単に上品な一品が作れます。つゆは温かくても冷たくてもおいしい人気のレシピです。

あさりそうめんの材料(2人分)

そうめん       3束(150g)
あさり(砂抜き)   300g
みょうが       1個
青じそ        4枚
にんにくのみじん切り 1/2片
白いりごま      大さじ1
ナンプラー      大さじ1
サラダ油       大さじ1/2
塩          小さじ1/4〜1/2

あさりそうめんのレシピ

【1】あさりを洗う

あさりはボウルに入れ、流水で殻と殻をこすり合わせるようによく洗う。みょうがは半分に切って縦に薄切りにし、青じそは粗みじん切りにする。

【2】つゆを作る

鍋にサラダ油とにんにくを入れて熱し、にんにくの香りがしてきたらあさりを加えてやさしく炒め、全体に油がなじんだら水2・1/2カップを入れて沸騰させる。こまめにアクを取り、あさりの口が全て開いたら、ナンプラーと塩を加えて味を調え火を止める。

【3】完成

茹でたそうめんを器に盛りつゆをそそぐ。麺の上にあさり、みょうが、青じそをのせ、白いりごまを散らせば完成。

あさりそうめんのポイント

あさりからでる出汁を使うので、お鍋ひとつで簡単においしくできるのがうれしいレシピです。家飲みの締めにもぴったり。人気のメニューになりそうですね。

人気のそうめんレシピ⑤「肉味噌つけ汁そうめん」

大人から子供まで人気がある、ピリ辛の肉味噌をつけ汁にしました。

肉味噌つけ汁そうめんの材料(2人分)

そうめん   2束
合い挽き肉  150g
にんにく   1片
しょうが   1片
長ネギ    10cm
オクラ    5本
白すりごま  大さじ2
豆板醤    小さじ1

<合わせ調味料>
 みそ  大さじ3
 酒   大さじ2
 砂糖  小さじ1

ごま油  大さじ1

肉味噌つけ汁そうめんのレシピ

【1】つけ汁を作る

にんにく、しょうが、長ネギをみじん切りにする。オクラは小口切りにする。鍋にごま油とみじん切りのにんにく、しょうがをいれて弱火に熱し、豆板醤を加えて炒める。香りが立ってきたら中火にして合い挽き肉を加え、ほぐしながら炒める。肉に火が通ったら長ネギを加えて軽く炒め水2カップを加える。

【2】つけ汁に味付けをする

【1】のスープが煮立ったらアクをとり除き、<合わせ調味料>を加えて約3分煮る。最後にオクラと白すりごまを加えて火を止める。

【3】完成

たっぷりの湯でそうめんを茹でて、流水でもみ洗いして水気を切って皿に盛る。【2】のつけ汁を別の器にいれて添える。

肉味噌つけ汁そうめんのポイント

人気の肉味噌を付け汁にしました。ひんやりとしたそうめんと、あたたかいつゆの組み合わせはさっぱりとたべられるのでオススメです。薬味がたっぷり入っているので疲れた体にしみわたりますね。

人気のそうめんレシピはいかがでしたか?

お鍋ひとつでつゆが作れる人気のレシピばかりなので、簡単に作れそうですね。そうめんは茹で時間が短いのでササッと作れるのも人気の秘密。あっさりとしたそうめんはどんな食材とも相性が良いので、いろいろなレシピを試してみてくださいね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ