暑い夏にぴったり☆爽やかな自家製レモネードのおいしいレシピ

暑い夏に飲みたくなるドリンクといえばレモネード!レモネードはすっきり爽やかで夏にぴったりのドリンクなんです。アメリカでは子どもたちがお小遣い稼ぎに道端で販売するというレモネード。今回は基本のレシピからアレンジレシピまでいろんなレシピをご紹介します。

レモネードとは?

レモネードとは、レモンの果汁を冷水で薄め、甘味を加えた清涼飲料水と定義されています。
レモンエードやシトロナードとよばれることもあります。

先に挙げた通り、レモネードのレシピはいたって簡単なため、アレンジレシピを含め、レシピがたくさんあります。
いくつかレモネードのレシピをご紹介しますので、いろいろなレモネードを楽しみながらお気に入りのレシピをみつけてみてください!

レモネードレシピ~基本のレモネード~

まずは基本的なレモネードのレシピをご紹介します。
暑い夏こそ基本の甘酸っぱいレモネードを飲みながら過ごしてはいかがでしょうか。
アメリカでは夏休み中の子どもたちのお小遣いかせぎとして道端で販売するレモネードはとっても簡単に作ることができるのでお子さんと一緒にレモンを漬けることで夏の楽しみも増えますよ!

~材料~

・レモン...4個
・砂糖...120g
・はちみつ...大さじ4~5
・水や炭酸水など...適量

~作り方~

まずはレモンシロップを作ります。
レモンはよく洗って水気をきり、薄く輪切りにスライスします。
保存瓶にスライスしたレモンの1/3を敷き詰め、そのうえに砂糖を1/3とはちみつを大さじ1杯入れ、それを後二回繰り返し、最後に残ったはちみつを全て保存瓶の中にいれます。
そのまま常温の涼しい場所で保管し、砂糖が溶けてレモン果汁が出てきたらふたをして瓶をゴロゴロ転がし、全体になじませます。
レモンが完全に浸るくらいまで量が減ったら冷蔵庫で一日冷やします。
あとは水や炭酸水などお好みの量で割っていただきます。

レモネードレシピ~柚子レモネード~

レモンと柚子を漬け込んだレモネードのレシピです。
原液のレシピなので、夏には水割り、ソーダ割り。冬にはお湯割りといろいろな飲み方を楽しむことができるのもオススメです。
漬けるタイプのレシピなのでお子さまと漬かる様子を観察するのも楽しいですね!

~材料~

・レモン…6個
・柚子…3個
・はちみつ…レモンと柚子が浸かるくらい

~作り方~

レモンと柚子はよく洗い2~3ミリの厚さに輪切りにし、保存瓶にいれ、はちみつを注ぎいれ、冷蔵庫で一日漬け込む。
ソーダ割りや水割り、冬にはお湯割りで楽しみます。

レモネードレシピ~ピンクレモネード~

女の子なら一度は飲みたいピンク色のレモネードです。
ピンク色のドリンクはなかなかないので女子会やパーティーにもぴったりなドリンクです。
ピンピンクレモネードを出したら気分も明るくなること間違いなしですね!
レシピもとても簡単なので子どもと一緒に作るのもオススメです。

~材料~

・フェンネル…小1個
・クラブソーダ…200㎖
・ブルーベリー…125g
・グラニュー糖…1/4カップ
・レモネード…1ℓ
・レモンジュース…1個分

~作り方~

ブルーベリーとグラニュー糖を火にかけ、グラニュー糖が溶けたらボウルにうつしてその他の材料をすべて加え、よく混ぜ冷蔵庫でよく冷やす。

レモネードレシピ~ラベンダーレモネード~

こちらも珍しい色のレモネードになります。
食用のラベンダーを使うことでパープルのレモネードを作ることができます。
ドリンクではなかなか見ることのないカラーに子どもたちも大喜び間違いなしですね!
おもてなしにもオススメのレシピです。

~材料~
・はちみつ…1カップ
・水…5カップ
・食用乾燥ラベンダー…大さじ1
・レモンのしぼり汁…1カップ

~作り方~

水2カップ半を沸騰させ、火を止めてはちみつを加えて溶かす。
ラベンダーを加えて20分から数時間放置する。
ラベンダー水を濾してラベンダーを取り除く。
ピッチャーに移し、レモン汁を加え冷やした水2カップ半を加え冷蔵庫で冷やす。

終わりに

家庭で作れるレモネードのレシピをいくつかご紹介致しましたがいかがでしたでしょうか?
レモネードはすっきり爽やかな味だけでなく、見た目もビタミンカラーで涼し気です。
難しい工程もそこまでないのでお子さまと一緒に作るのも楽しいですね!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ