夏、涼しさと美味しさを演出♪癒される水差しの使い方いろいろ♪

水差しといえば。夏はやっぱり、冷たい飲み物!お気に入りの飲み物に大活躍ですね。そこで。見て癒され、飲んで美味しい水差しの使い方を集めました。暮らしを彩り、暑さを和らげ、おもてなしにも喜ばれる水差しの使い方をお届けします。

使い方いろいろ、水滴が涼を誘うガラスの水差し

氷水が入っているだけなのに、ひんやりと涼しげに見えませんか?氷の音が聞こえてきそうです。水差しの演出力は、使い方次第でさらにパワーアップします。夏のひとときを涼しく癒す、水差しの使い方です。

レモンで目覚める水差しの使い方

使い方:水差しに1日分のレモンウォーターを作る

ダイエット効果も期待できる、レモンの飲み物。朝にふさわしい、水差しの使い方をひとつご紹介します。

レモンはコップ1杯に対し1/2個が目安です。レモンがない場合は、市販のレモン果汁でも大丈夫です。輪切りにしたレモンを水や炭酸水と一緒にボトルに入れる作り方もあります。作り置きや持ち運びができますね。

出典:https://kinarino.jp

レモン果汁さえあれば、忙しい朝も簡単に作れます。レモンなど柑橘系の香りは、覚醒効果が期待できるので、スッキリとした朝を過ごせますね。

子どもも大人も楽しめる水差しの使い方

大人も子供も楽しめる飲み物を、たっぷり作って真ん中に置きましょう!氷の音が最高に心地よい水差しの使い方は、真夏の木陰にあります。

使い方:水差しにみんな分のレモネードを入れて

ほんのり甘く、レモンの爽やかさが嬉しいレモネード。レモネードに使うレモンシロップを作り置きしたら、大人も豊富なバリエーションが楽しめます。

レモンシロップの作り方

ハーブを楽しむ水差しの使い方

使い方:水差しにハーブミネラルウォーターのおもてなし

ハーブのリラックス効果を最大限に生かす、水差しの使い方をご紹介します。見た目も、香りも爽やかな飲み物です。

ミネラルウォーターに、お好みのハーブを入れて冷やすだけ。ミント、レモングラス、フェンネルなどハーブの風味を楽しめる、爽やかでヘルシーな飲み物です。

使い方:水差しをハーブ氷でいっぱいに!

製氷皿にハーブの葉を入れて一晩凍らせれば、目にも涼しいハーブ氷が出来上がります。水差しに、ハーブ氷を満たしてテーブルへ。ミネラルウォーターや炭酸水を加えて飲みましょう。

飲み物だけでなく、そうめんの差し水としても素敵です。そのときは、大葉を氷にしてもキレイですね。夏ならではの使い方を楽しみましょう。

BBQのおともに最適な水差しの使い方

使い方:ごくごく飲める!水差しにデトックスウォーター

キュウリの利尿作用が、むくみを解消します。さっぱり爽やかな口当たりなので、こってり系の料理によく合います。

材料(水1L分)
キュウリの輪切り…1本分
レモンスライス…1個分

作り方
4時間以上冷蔵庫に浸けます。

キュウリは、ピーラーを使って縦にスライスすると、風味がでやすくなります。炭酸水にしたり、ライムのスライス、ミント、ドライフルーツなど加えてアレンジが楽しめます。BBQやカレーを囲むとき、こんなヘルシーな使い方を試してみませんか?

大人な時間の水差しの使い方

週末、とっておきの時間におすすめの、水差しの使い方がありました。

使い方:ウィスキーのテイスティング用水差し

ウイスキーの繊細でまろやかな香りは、少量の水を加えることでさらに際立ちます。小さな注ぎ口がついているこの水差しは、少しずつ加水するのにピッタリ。味や香りの変化を感じながら、ウイスキーのテイスティングをお楽しみください。

出典:http://suntory-goods.jp

いつものお酒も、ちょっとした小道具で、また違った楽しみ方ができるかもしれません。高さ7㎝ほどの、何ともかわいらしい水差しです。

使い方:ワインのカラフェに小ぶりの水差し

小ぶりなのでワインボトル1本分は入りませんが、一晩に飲むグラス3杯分くらいを入れるのにはいい大きさです。実際に使ってみると、ワイングラスに少しずつ注ぐのがまた楽しい。テーブルに置いた姿もきれいで、うちでは欠かせないアイテムになってしまいました。

出典:http://mi-mollet.com

「モダンリビング」パブリッシャー下田結花さんの「インテリアの小さなアイデア」より。

植物と暮らす水差しの使い方

使い方:ハーブの水挿し

ミントやバジルといったハーブの水挿しをよく見かけます。毎日お世話すれば、意外と育ってくれます。穂先を小さく切って始めれば、日常のちょっとした楽しみにもなり、自然な香りを楽しめます。

バジルの水挿し

大きく育ったミントの水挿し

アイビーや、ワイヤープランツの水挿し、エアープランツの花器と、楽しみ方はいろいろありますね。

植物のための水差しの使い方

銅の器に入れた水は、殺菌され腐敗しにくいといいます。植物好きの方に、こんな美しい水差しをご紹介します。

水差しの使い方:テラリウム

捨てられない水差しがあれば、こんな使い方に挑戦してみてはいかがでしょう。エアープランツなら、成功率はさらに高くなります。

生花が持ちにくい夏は、水差しのこんな使い方で、植物を置いてみませんか?暮らしに小さな植物があるだけで、その健気でたくましい生命力に癒されます。

癒される水差しの使い方 まとめ

いかがでしたか?夏のひととき、水差しに冷たい飲み物を用意して、ほっとひといきつきませんか?ガラスの透明感、水滴、氷、氷の音、注ぐ音・・・五感にしみる心地よさを、お好みの飲み物で楽しんで下さいね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ