毎日おでんを食べるだけでお手軽ダイエットが出来るって本当?

「おでんダイエット」と言われるダイエット法があるのをご存知でしょうか?おでんには、実にヘルシーな食材が豊富に入っているため、1日のうち1食をおでんに置き換えるだけで、手軽にダイエットができると言うわけです。今回は、そんなおでんダイエットについて調べてみました。

おでんダイエットとは?

おでんダイエットとは、3食の食事のうち1食をおでんに置き換えるダイエット方法です。おでんを食べると体もポカポカと温まりますし、カロリーも割と低めで、水分を多く含んでいるため、満腹感を得やすいことから人気のダイエット方法として注目を集めているようです。

おでん好きの人には、すごくうれしいダイエット法ですよね。しかしその一方で、おでんの食べ過ぎによって、体重が増える場合もあるようです。ダイエットをするつもりでおでんを食べているのに、なぜ太ってしまうのでしょう?それにはある理由があったのです。

おでんダイエットをする時に食べない方が良い具材は?

おでんダイエットをする上で、気を付けなければならないのは、おでんに入っている具材のカロリーです。おでんに入っている具材には白滝やこんにゃく、大根など、カロリーの低いものもあるのですが、中にはカロリーの高い具材ももちろんありますよね。おでんなら何でも食べればダイエットが出来るわけではありません。食べる具材にも注意が必要なのです。

では、おでんに入っている具材で、どんな具材がカロリーが高く、ダイエットには不向きなのでしょうか。実はおでんの中でも、餅巾着やソーセージなどはカロリーが高いので、ダイエットには不向きと言えるでしょう。

その他にも、練り製品には塩分が多く含まれているため、食べ過ぎてしまうとむくみの原因になったりするようです。その他にも、ちくわぶは炭水化物ですので、こちらも高カロリー食材となりますので注意が必要です。おでんダイエットをするには、低カロリーな具材をチョイスする必要があるのです。

おでんダイエットを成功させる秘訣は?

おでんダイエットを成功させる秘訣は、上記でも記載しましたが、食べる具材のチョイスが大切になります。カロリーの低い白滝やこんにゃく、昆布や大根などを中心に食べるようにします。練り製品などは2個までと決めておくと良いですね。また、おでんの汁は飲まない事も大切です。おでんの汁を飲んでしまうと、塩分を摂りすぎてしまうため、体がむくんでしまいます。

手軽にコンビニのおでんを買ってくるのもひとつの手段かもしれませんが、本気でダイエットをしたいのであれば、おでんは自分で作るに限ります!薄味にして塩分を控えめにし、数日間食べられるように、ヘルシーな具材を中心に作り置きするのがベストです。

また、ダイエットをする際に大切なのは、栄養バランスを整えることにあります。普通のおでんだけでは栄養バランスが整いませんので、小松菜やホウレン草などのお浸しを加えたり、小さめのおにぎりを1個食べるなど、栄養バランスも考えながら食べることが大切です。

なぜおでんがダイエットに最適なのか?

ではなぜおでんがダイエットに最適なのかご存知ですか?塩分も高いとされるおでん。塩分は体のむくみの原因となるため、ダイエットには不向きな感じもしますが、実はおでんは低カロリーな食材が多く、さらには食物繊維も多いんですね。白滝やこんにゃくなどがそれに当たります。

また、おでん自体が温かいので食べると体も温まり、代謝も良くなるそうです。代謝が良くなると言うことは、もちろんダイエットにも繋がりますよね。その他にも、おでんの味に飽きてきたとしても、カレーパウダーや七味、ゆず胡椒など味のアレンジが簡単にできるため、長続きしやすいと言ったメリットもあるのです。

まとめ

おでんダイエット、いかがでしたか?まとめて作っておけばすぐに食べられますし、手軽に始めらますし、さらには味の変化が付けやすいことから長続きもしやすいダイエット方法とも言えます。寒い冬なら特におでんダイエットは続けやすいかもしれませんよね。

また、おでんに「エクストラバージンオリーブオイル」を少量たらして食べるダイエット方法もオススメですよ!エクストラバージンのオリーブオイルには、血管の中を綺麗にお掃除してくれる効果もあるため、ダイエットをしながら血管も綺麗になって、一石二鳥ですよね!ぜひ一度、試してみて下さいね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ