豚肉は「栄養価」「調理方法」「安価」が魅力的!ステーキに最適です

豚肉はビタミンが豊富で美容にも健康にも最適な食材です。また価格も手ごろです。調理方法もステーキやカツ、煮込み料理にも最適です。豚肉には部位の特長により調理方法も沢山あります。ステーキの場合のポイントもご紹介します。また有名なのが沖縄料理で全てを食します。

豚肉の種類

「黒豚」とは・・・

全身が黒色の毛で覆われ、鼻先と尻尾と4本の足首は白毛です。飼育期間は通常の1.5倍と長く、その間運動させて飼育をします。ほどよい歯ごたえがあり、繊維のきめ細かくて柔らかく、滑らかな旨みのある肉です。

「和豚もち豚」とは・・・

全身は白毛です。飼育する期間は6ヶ月弱です。
食感と柔らかさと甘味のある上質な脂と、豊富なビタミン・オレイン酸を持ち、他の豚に比べて日持ちします。

「SPF豚」とは・・・

妊娠末期の母豚から「子宮切断」「帝王切開」等る外科手術によって無菌的に取り出した子豚を種豚にして育成したもの。豚の発育に悪影響を及ぼす特定の病気(マイコプラズマ肺炎、萎縮性鼻炎、豚赤痢、トキソプラズマ症、オーエスキー病など)に汚染されない飼育。

豚肉の栄養について

豚肉の特徴は、何といってもビタミンB1が豊富なこと。
内臓もビタミン豊富で美容に効果的
食肉の内臓、特にレバーにはビタミン類が豊富ですが、豚のレバーはその中でも含有量が豊富。
特にビタミンAやビタミンB2は群を抜いています。

豚肉部位

部位によって肉質も異なります。また同じ部位を使っても調理法によって食感なども変わってきます。味や食感の違いを楽しんでみて下さいね♪

豚肉部位 【肩】

肩の肉はよく動くので、筋肉質で脂肪も少なめに混じり、少し硬めですがガツンとした旨みのある肉です。「シチュー」「豚汁」などの煮込み料理、薄切りにしてポークビーンズなどにも適しています。

豚肉部位 【肩ロース】

豚肉の肩ロース肉は肉と肉の間に細かい脂肪が広がり、とても美味しいうまみとして「とんかつ」「豚のステーキ」として美味しいのが特徴です。

豚肉部位 【ロース】

キメが細かくて、肉質も柔らかく一番美味しい部分。ふちの脂身の部分にも旨みが凝縮され「豚カツ」「ポークステーキ」「焼き豚」「ロースハム」などに向いています。

豚肉部位 【ヒレ】

ロースとともに豚肉の中で一番良質の部位。ビタミンB1が最も多く含まれ、美肌効果があります。脂肪分が少ないのに柔らかいのも特徴的です。「ポークソテー」「豚カツ」などの油を使う料理に適しています。

脂肪分が少なくビタミンB1が豊富で、きめが細かくやわらかい部位
最もきめが細かく脂肪も少なく淡泊な味わいの肉です

豚肉部位 【バラ】

濃厚な脂身が特徴の部位です。ロースを取り除いた胴部の腹側の肉で三枚肉とも言います。ベーコンは、この部分で作られます。「焼き豚」「肉じゃが」「角煮」に最適。骨付きは、スペアリブと呼ばれます。

きめ細かくて口当たりもやわらかく、最高の肉質。
ロースを取り除いた胴部の腹側の肉で、脂肪が多いことから三枚肉とも呼ばれ、焼豚や肉じゃがのような料理に適しています。ベーコンの原料として通常この部位を使います。

豚肉部位 【もも】

脂肪分が少なく、さっぱりと食べられます。キメ細かく、ヒレの次にビタミンB1を多く含んでいます。ローストポークやボンレスハムなどに使用。

豚肉部位 【そともも】

脂肪が少なく、柔らかい部位。
淡白な味で「豚汁」」「シチュー」「角煮」などに適します。そのほかどんな料理にもあいます。

きめが粗い部位で、薄切りや煮込み用に向いている

豚肉部位【耳、足、内臓など】

豚の足の部分です。おもに煮込み料理に使用します。
トンソクにはコラーゲンなどが多く含まれ、長時間煮込むことでゼラチン化して柔らかくなり、旨い味となります。

豚肉をたくさん食べる沖縄で煮込み料理によく使われる豚の耳や内臓。味噌(みそ)や酢であえた耳皮(ミミガー)料理足をじっくり煮込んだテビチなどが有名です。

ステーキとは

ステーキ(Steak)とは、肉のスライスなどを焼いた料理である。

出典:https://ja.wikipedia.org

ステーキの種類

ビーフステーキ

牛肉を使用。サーロイン・ヒレ肉・ロースなどがよく用いられる。銀座のスエヒロから広がったビフテキという略称がある。

ポークステーキ

豚肉を使用。トンテキとも呼ばれるポークステーキ。

トンテキという呼称は上野の「たいまる」(現在は閉店)の登録商標だった。近年は四日市とんてきを指して用いられることが多い。

出典:https://ja.wikipedia.org

ラムステーキ

子羊肉を使用したステーキ

チキンステーキ

鶏肉を使用したステーキ

ハムステーキ

ハムを平らに切って焼いたステーキ。

豚肉のステーキの旨い調理

豚肉の準備

<ポイント>
・豚肉は、焼く前に「常温に戻す」こと!
・冷蔵庫からの冷たい豚肉でステーキを焼くと、温度差が外と内にありすぎて上手に焼ない。
・冷たい豚肉を焼くと、表面だけが焦げ、生焼けのステーキに。
・焼く1時間前(夏場は30分前)、豚肉を冷蔵庫から出すこと

<ポイント>
・豚は加熱すると筋が縮み、反り返ります。豚肉の焼き縮みを防ぐために、筋きりすると柔らかくなる。
・赤身と脂肪の間に包丁で5カ所ほど、切り込みを入れる。
・塩コショウを早くすると、豚肉の水分や旨みが出るため、ステーキを焼く直前にふる。

豚肉ステーキ販売サイト

味噌漬けステーキ

房総ポークステーキ

千葉県で海草粉末やトウモロコシなどの植物性の飼料にこだわって生産される豚肉 “ 房総ポークC ”の旨みがしっかり味わえるステーキのセットです。

黒豚肉ロールステーキ

黒豚ロールステーキ

味に定評がある黒豚肉を手巻きした、やわらかなロールステーキ。必要な分だけ使える便利な個包装。国内産黒豚ロールステーキ(成型肉)

豚肉ステーキ いかがでしたか?

最後までご覧いただき有難うございました。
肉を食べる事は健康長寿にとって最高です!
豚肉は私達にとって栄養価の面でも、調理方法の多さにおいても
そして、安価な事でもとっても身近ですね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ