身近な本格派!?大手コンビニのコーヒーの特徴と組み合わせ

コンビニという24時間営業で親しみ深いお店ですが最近ではいろんなコンビニでもコーヒーが販売されていて、コンビニ同士も顧客争いが絶えません。コンビニのコーヒーはもはやコーヒー専門店のような質です。今回は大手コンビニのコーヒーの特徴と組み合わせを紹介します。

コンビニコーヒー:セブンイレブン

ホット:R100円・L150円
アイス:R100円・L180円
アイスカフェラテ:180円

セブンイレブンのコンビニコーヒーはセブンカフェというサービスを行っていて、販売額もNo.1を取る勢いで2013年ヒット番付では第1位を獲得するほどのコンビニコーヒーです。

まるでコーヒー専門店!?コンビニコーヒーの枠を超えた3つのこだわり

コンビニコーヒーの枠を超えた3つのこだわり①厳選されたコーヒー豆

コーヒーのすべての基本となるコーヒー豆をウォッシュド方式で洗練されたアラビカ豆を100%使用し、渋皮を取り除き、良い所だけを厳選しています。

コンビニコーヒーの枠を超えた3つのこだわり②香りとコクを引き出すためのダブル焙煎

良質なアラビカ豆を台無しにしない為に香りとコクを最大に引き出す最適な焙煎方法を採用してます。

最適な焙煎方法で香り立つ、華やかな香りとコク深い味わいが現れ、ホットでもアイスでもバランスの良いコーヒーに仕上がります。

コンビニコーヒーの枠を超えた3つのこだわり③一枚取りペーパードリップ

1杯ずつ豆を挽き、ペーパードリップをします。1杯ずつ豆を挽くことでコーヒー豆の風味を限りなく損なわずに味わえます。

雑味のないすっきりとした後味が次も飲みたくさせるコーヒーになり、コンビニコーヒーの概念を変えます。

カフェラテはドリップコーヒーに瞬間冷凍された濃くておいしいミルクと味を薄めずに引き立てる氷と一杯の飲み物に細かなこだわりがあります。

コーヒーに最適な組み合わせ

2016年に一新されたセブンカフェドーナツは過去に目立っていた部分を改善することでセブンイレブンというコンビニの距離は近くしました。

セブンカフェのコーヒーとの相性も良く、セットで楽しみましょう。

パンの美味しさをこだわりにして、特別配合の小麦粉に生地の水分を保つような材料の配合とパンの入れる力がとても強く、最初から最後まで美味しいの専念しています。

サンドする素材も互いの美味しさを引き立てる配合でコーヒーと合わせてステキなランチが完成します。

コンビニコーヒー:ローソン

ブレンドコーヒー
S100円・M150円・L180円
アイスコーヒー:S100円・M150円
アイスカフェラテ:150円

ローソンはコンビニとは思えないほどの熱量の入れ方できめ細かな努力が「ちゃんとつくったコーヒーはおいしい。」というキャッチコピーとなっています。

手間とやさしさのあるコーヒー

コンビニの概念を変える手間:ちゃんと選び抜いた素材

ブラジルの伝統的なコーヒー生産地「ミナスジェライス州」に位置するイパネマ農園で15日間以上寝かせた熟成豆を使うことでまろやかで美味しいコーヒーになります。

ただ良い素材を選ぶだけでなく、環境を壊さずに良質な豆を生み出すためにレインフォレスト・アライアンスという認証を受けたコーヒー農園と豆を使っています。

コンビニの概念を変える手間:顔が見える事でのコーヒー豆への自信

公式サイトの「おいしさのヒミツ」で生産者の顔を公開することで安心・安全そして、コーヒー豆への自信があり、妥協をしてないからこそだと言えます。

コンビニの概念を変える手間:各国のコーヒー豆に合わせ、手間暇かけた焙煎

各国の焙煎の方法でコーヒー豆の美味しさ・風味を引き出し、焙煎後の調合で最高のブレンドコーヒーへと変化させます。

コンビニというよりはコーヒー専門店のような手間の入り方がより多くのリピーターを生み出しています。

コンビニの概念を変える手間:エスプレッソ抽出・生乳100%使用ミルク

マチカフェのマシンで抽出方法はエスプレッソで高い圧力でブレンドしたコーヒー豆の旨味を素早くも雑味のないコーヒーに作り上げます。

人気のアイスカフェラテには生乳100%ミルクを使うことでコーヒーの旨味を崩すことなく、混ざり合い上質なカフェラテを楽しめます。

ローソンコーヒーに最適な組み合わせ

ローソンの代表的スイーツのプレミアムロールケーキはローソンのコーヒーとの相性が良く、ウチカフェというテーマにピッタリ!甘すぎず、重すぎでお茶会でも重宝するウチカフェスイーツです。

コンビニコーヒー:ファミリーマート

ブレンド:S100円・M150円・L180円
カフェラテ:M150円
アイス:S100円・M180円
アイスカフェラテ:M180円

厳選したブラジル・エチオピア・コロンビアの豆をブレンドし、ドイツ式高圧力のエスプレッソ抽出式のコーヒーマシーンを使っていて、旨味の詰まったコーヒーが出来上がります。

メニューによって、コーヒー豆の品種ブレンドも変化を入れていて、常にコーヒー豆を最大限まで楽しむように心がけています。

コーヒー以外の楽しみ

コーヒー以外にも紅茶やフラッペというデザートも備えていて、他のコンビニとは違う視点を展開して、セットや単品でも楽しめる形になっています。

ファミマコーヒーに最適な組み合わせ

ファミマコーヒーと自社販売のドーナツや紅茶と洋菓子とのセットがオススメ!

品質がよく、コーヒーとドーナツでも300円を超えない低価格でお手軽に楽しめます。

ファミリーマートは他のコンビニに負けないほどのデザート・スイーツの種類がある力の入れようでコーヒーとの掛け合わせのバリエーションがとても広いです。

デザートでも俺のシリーズという大ボリュームなデザートもあり、異彩を放っています。

コンビニコーヒー:サークルKサンクス

コーヒー:R100円・L150円
カフェラテ:150円
アイスコーヒー:R120円・L150円
アイスカフェラテ:180円

サークルKサンクスのコーヒーは個性の違うコーヒー豆の美味しさを生かそうと細やかな手間をかけ。本格派コーヒーをコンビニで味わえます。

サークルKサンクスコーヒーの美味しさ

抽出のこだわり

メニューに合ったコーヒー豆とグラインドを使い分けて、ドリップを行います。

飲む方法に合った豆で抽出する事でおいしいコーヒーを楽しめます。

コーヒー豆のこだわり

メニューにより産地・銘柄に合わせた焙煎を行い、コーヒー豆の特性を生かす組み合わせを珈琲鑑定士がブレンドを行っています。

特性の混ざりあったブレンドコーヒーをコンビニで堪能できます。

香りのこだわり

1杯ずつコーヒー豆を挽き、お湯で蒸らす事でコーヒー豆開かせ、味・香りを余すことなく抽出して、最高の淹れたての一杯を楽しめます。

サークルKサンクスコーヒーに最適な組み合わせ

サークルKサンクスコーヒーはシェリエドルチェという自社スイーツを開発しています。

和菓子・洋菓子・焼き菓子と多方面で幅広い商品があり、代表格の濃厚焼きチーズタルトは絶大な人気があり、コーヒーやカフェラテとの相性も抜群です。

最後に

時間がありましたら、近場にあるコンビニでコーヒーを味わいつつも他社のコーヒーを味わってみてください。コンビニの楽しみ方がきっと増えるでしょう。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ