包み方をちょっと変えるだけ!見た目も美味しいワンタンの包み方

のど越しつるっと、子供も大人も大好きなワンタンですが、ワンタンの包み方って、三角の包み方が一般的ですよね。でもちょっとひと手間加えるだけで、簡単に色々な包み方が出来るんです。今回はそんなワンタンの包み方をご紹介しますので試してみてください。

ワンタンと餃子の違い

ワンタンも餃子も元々は具を皮で包む同じ料理で、唐の時代、北に広がったのが餃子、南に広がったのがワンタンだそうです。ではそれ以外の違いを見てみましょう。

ワンタン

ワンタンの特徴①

ワンタンの皮は餃子より薄く、四角い形をしています。昔、中国ではワンタンは庶民の食べ物だったそうです。またワンタンの皮は硬めにできているので、ワンタンの皮で焼き餃子を作るとパリッとするそうですよ。

ワンタンの特徴②

餃子の皮との大きな違いは「かん水」を使っていることです。かん水が入っていることにより、つるっとしたのど越しになります。

餃子の特徴①

餃子の皮は厚めで丸い形をしています。日本では焼き餃子が主流ですが、中国では水餃子が主流です。昔、中国では餃子はお祝いの時に食べるもので、当時のお金の形を真似ているそうです。

ワンタンと餃子の違いは、「形」「厚さ」「かん水」だったんですね。では、いよいよワンタンの包み方を見ていきましょう。

ワンタンの包み方①

忙しい時はこれ!簡単なワンタンの包み方

ワンタンの包み方①

ワンタンの皮の真ん中に、具をティースプーン1/3杯ほどのせます。

ワンタンの包み方②

頂点をずらして三角形に折ります。

ワンタンの包み方③

両端を中に折り込んでできあがりです。

簡単に出来ます。簡単ですが、中に折り込むことで食べやすい大きさになるので、ちょっとひと手間加えてみてください。

ワンタンの包み方②

基本のワンタンの包み方

ワンタンの包み方①

皮に具をのせて皮のフチに水をつけます。

ワンタンの包み方②

角を少しずらすようにして三角に折ります。
※左右はくっつけないようにします。

ワンタンの包み方③

内側にひだが出来る様に皮をよせます。

ワンタンの包み方④

片端も同様によせます。

ワンタンの包み方⑤

よせた端をおさえ、形を整えます。

ワンタンの包み方⑥

完成です。

こちらも簡単な包み方ですね。簡単なのでお子さんとみんなで包むのも楽しそうですね。

ワンタンの包み方③

お店みたいな簡単美味しいワンタンの包み方

ワンタンの包み方①

ワンタンの皮を持ちましょう。

ワンタンの包み方②

真ん中に具をのせます。

ワンタンの包み方③

赤い線の所に水をつけます。これがのりのかわりになります。

ワンタンの包み方④

赤い矢印の方向に折ります。

ワンタンの包み方⑤

少しだけずらしましょう。

ワンタンの包み方⑥

この、ずらした部分が、ヒラヒラを美味しくします!

ワンタンの包み方⑦

片方を折ります。

ワンタンの包み方⑧

もう片方の赤い線の部分に水をつけます。これものりのかわりになります。

ワンタンの包み方⑨

もう片方をギュッとつけたら美味しいワンタンの完成です!

ワンタンの包み方⑩

裏はこんな感じです。

こちらの包み方、ワンタンがお店みたいにプリッとするそうですよ!たくさん作って冷凍にしておけば時短でワンタンスープができるそうです。忙しい時にも嬉しいですね。ひと手間で美味しさアップですね♪

ワンタンの包み方④

ワンタンの皮でカリッと餃子☆

ワンタンの包み方①

ワンタンの皮にたねを小さじ1弱ずつのせ、角をずらして半分に折りたたみます。右上の皮の角が左上の矢印の場所にくるようにします。

ワンタンの包み方②

ひだを作ってたたみます。

ワンタンの包み方③

さらに、右端の角もひだを作ってたたみ角が4つになるように包みます。残りも同様にします。

ワンタンの包み方④

角が4つになったら、OKです!

ワンタンの皮で餃子を作る時にもおすすめの包み方です。ご当地グルメ「大阪餃子」をイメージしているそうです。ワンタンの皮で作るとパリッとしておつまみにもおすすめだそうですよ。

ワンタンの包み方⑤

揚げワンタンにもおすすめ!

ワンタンの包み方①

ワンタンの皮の真ん中に適量、具をおきます。

ワンタンの包み方②

小麦粉を水で溶いたもので端を留めて半分にあわせます。

ワンタンの包み方③

端と端を引き寄せて、水溶き小麦粉をちょっとつけて、留めます。この形だと、揚げても中味が出にくいです。

丸くてかわいい形ですね。中身が出にくらしく、揚げ餃子にもおすすめなんだそうですよ。

ワンタンの包み方⑥

かわいすぎ!ワンタンの包み方

ワンタンの包み方①

市販のワンタンの皮に、好きな具材を置きます。多すぎると包みにくいので、小さじ山盛り1杯程度で。

ワンタンの包み方②

周りに少し水を付けて、半分に折ります。具の周りの空気を抜く感じにして、しっかり周りを閉じます。

ワンタンの包み方③

両端を下側に持ってきます。

ワンタンの包み方④

きゅっと下側でまとめます。

ワンタンの包み方⑤

反対側に返すと、こんな感じにまとまります。

ワンタンの包み方⑥

ぎっしり並ぶと、かわいいです!
ゆでたり、スープに入れたり、揚げたりして、お好きな味でお召し上がりください!

こちらも可愛い包み方ですね。丸いので崩れにくいそうですよ。包むのが楽しくなるワンタンの包み方ですね。

ワンタンの包み方まとめ

いかがでしたでしょうか。具材は同じでも包み方を変えるだけで、グット印象も変わりますので試してみてはいかがでしょうか。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ