まさに魚の王様「真鯛」。おめでタイレシピをご紹介します。

海の魚の王様と呼ばれる真鯛のレシピです。真鯛、結婚式のお祝いにお目にかかりましたね。お刺身、塩焼き、ほかにどんなレシピがあるでしょうか。「腐っても鯛」と言われる真鯛です。いっぱいレシピがあります。おめでタイレシピを見ていきましょう。

真鯛のレシピ①真鯛の姿焼き

材 料(1人分)

真鯛 1尾
塩 小さじ1
●化粧塩●塩 約大1
レモン串切り 1切れ

「真鯛の姿焼き」レシピ①

真鯛はペットボトルのふたや計量スプーンでうろこをこそげとる。尾びれ側から頭にむかうとやりやすい。

「真鯛の姿焼き」レシピ②

エラとはらわたをとる。
包丁が難しい場合はキッチンバサミを利用すると手軽。はらわた(内臓)もエラも着いているのは最初と最後の2か所だけだから。

「真鯛の姿焼き」レシピ③

タメ水で3回ほど指をいれて腹をあらう。心臓や血合いをきれいに除く。

「真鯛の姿焼き」レシピ④

水気をよくふきとり、小さじ1の塩で両面、腹の中に塩をする。15分ほど塩がとけるまでおく。

「真鯛の姿焼き」レシピ⑤

でた水をやさしくふきとる。真ん中に切込み。化粧塩用の塩を指先につまんでとり、尾びれ、背びれ、胸ひれを広げながら、塩をつける。焦げにくくなり、ひれがきれいに広がるので化粧塩という。

「真鯛の姿焼き」レシピ⑥

アルミフォイルで化粧塩の部分を覆う。竹串を尾から目の脇に通して恰好よくうねらせる。写真で場所を確認してください。目はさしていません。

「真鯛の姿焼き」レシピ⑦

予熱を十分にしたオーブン200℃で15分焼く。そのまま10分ほどフタをしめておいておく。

「真鯛の姿焼き」レシピ⑧

器にもり、竹串、アルミフォイルをとりのぞく。レモンを右手前に盛る。
*和食では添え物は右手前と決まっています。とりやすいですよね。

真鯛の姿焼き

やはり魚の王様の姿です。ただ焼くだけなのに美味しそうです。

真鯛のレシピ②真鯛のかぶと煮

材料(4人分)

真鯛の頭 1尾分
しょうが・大1かけ 20g
A 水 1カップ
A 酒 大さじ3
A みりん 大さじ2
A 砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ3
木の芽 少々

「真鯛のかぶと煮」レシピ①

真鯛の頭は残ったウロコをスプーンでこそげ取り、水洗いし、水気を拭く。

「真鯛のかぶと煮」レシピ②

しょうがは半分を薄切りに、残りはせん切りにして水にさらす。

「真鯛のかぶと煮」レシピ③

鍋に(1)の真鯛の頭を皮目を上にして重ならないように入れ、A、(2)のしょうがの薄切りを入れ、中火で5分煮る。

「真鯛のかぶと煮」レシピ④

しょうゆを加えて味を調え、真鯛に汁をかけながら10分ほどさらに煮詰める。

「真鯛のかぶと煮」レシピ⑤

器に盛り、水気をきった(1)のしょうがのせん切り、木の芽を飾る。

真鯛のかぶと煮

かぶと煮、魚好きには垂涎の一品です。ほじくって、いろいろな食感を楽しめますね。

真鯛のレシピ③真鯛の姿蒸し

材料(4人分)

真鯛 1尾
ねぎ 1/2本
さやえんどう 適量
ハム 2枚
にんじん 3cm
しょうが 1片
酒 大さじ2
塩 適量
香菜 適量
(A) たれ
うすくちしょうゆ 大さじ1と1/2
酢 大さじ1
酒 大さじ1
ごま油 大さじ1/2

「真鯛の姿蒸し」レシピ①

真鯛は、ウロコとワタ、エラを取り除き、きれいに洗って水気をきり、表裏に切り込みを入れ、全体にかるく塩をふる。 

「真鯛の姿蒸し」レシピ②

ねぎは縦半分に切って斜めせん切りに、さやえんどうも斜めせん切りに、ハム、にんじん、しょうがはそれぞれせん切りにする。

「真鯛の姿蒸し」レシピ③

(A)を混ぜ合わせ、たれを作っておく。

「真鯛の姿蒸し」レシピ④

皿に(1)の水気をふいてのせ、(2)のしょうがをのせて酒をふる。

「真鯛の姿蒸し」レシピ⑤

(2)の残りをかるく混ぜて(4)にのせる。

「真鯛の姿蒸し」レシピ⑥

蒸気の上がっている蒸し器に入れ、強火で10~12分蒸す。

「真鯛の姿蒸し」レシピ⑦

器に(6)を盛って香菜をあしらう。それぞれ(3)のたれをかけていただく。

真鯛の姿蒸し

蒸すと真鯛の柔らかさが失敗なく味わえます。お試しあれ。

真鯛のレシピ④真鯛の昆布締め

材料 ( 3 〜 4 人分 )

真鯛(刺し身用サク)150~200g
昆布(10cm×10cm)4~5枚
粗塩少々
ゴマ油少々

「真鯛の昆布締め」レシピ①

真鯛は厚さ5mmの薄切りにし、さっと水に通した昆布に重ならないように並べ、残りの昆布をのせてラップでしっかり包む。冷蔵庫に一晩入れておく。

「真鯛の昆布締め」レシピ②

鯛を幅5mmの細切りにし、粗塩とゴマ油を加えて手で軽く馴染ませる。

「真鯛の昆布締め」レシピ③

器に昆布をしき、(2)を盛る。

真鯛の昆布締め

加熱したものとは全く違ったねっとりした美味しさです。後で鯛茶漬けで楽しむこともできますね。

真鯛のレシピ⑤真鯛のあら汁

材料 (2人分)

真鯛のあら 約200g
みそ(ダシなし) 適量

「真鯛のあら汁」レシピ①

あらはウロコが残っていたら取り除き、骨や頭に残った血は丁寧に洗い流す。
熱湯をくぐらせヌメリを浮かせてこすり落とす。

「真鯛のあら汁」レシピ②

鍋にあらを入れ水を張って中火で加熱していく。
(鍋に入れる前にアラの皮目を少し炙っておくと香ばしさが加わります。)

「真鯛のあら汁」レシピ③

煮立たないように火力を調整しながらアクが出てきたら丁寧に取り除き、鯛に熱が通ったら火を止め味噌を溶いて出来上がり。

真鯛のあら汁

簡単なレシピですが、漁師さんのお勧めです。

真鯛のレシピ⑥真鯛はどんな魚?

全長120cmに達する比較的大型の魚だが、食用として多く流通するのは30-70cm程度。体色は紫褐色を帯びた光沢のある淡紅色で、青い小斑点が散在します。尾鰭の後縁が黒い点でチダイやキダイと区別できます。

真鯛のレシピ⑦どんな料理に向く?

身は歯ごたえのある白身で、他の魚に比べて臭みや脂肪などの癖も強くない。また、鮮度の落ちが遅いのも特徴。刺身、カルパッチョ、焼き魚、吸い物、煮付け、鍋料理、鯛めし、天ぷらなど多種多様な料理に用いられます。

真鯛のレシピ⑧まとめ

やはり魚の王様ですね。どんな料理でも美味しくできます。
時間がある方は

こんな手毬寿司や

カルパッチョもおすすめです。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ