【お酒】ジントニックの度数ってどれくらい?【おいしいカクテル】

ジントニックは、カクテルの中でも飲みやすくて人気があります。ついつい飲んでしまうけど、ジントニックの度数ってどれくらいか知っていますか?ジントニックの度数だけでなく、ジントニックについてのあれこれを見ていきましょう。度数を知って、よりお酒を楽しみましょう!

ジントニックとは?

バーの顔とも言われているジントニック

ジントニックとは、ジンをベースにしたカクテルです。イギリスの植民地で健康飲料として飲まれていたトニックウォーターに、ジンを入れてみたことが始まりと言われています。シンプルなレシピだけに、バーによって味が微妙に異なります。ジントニックがおいしいバーは良いお店と言われるほどです。

ジンって度数の高いお酒だから、ジントニックも度数が高いの?

ジントニックのアルコール度数は5%程度です。

ジントニックは甘くてすっきりしているが、辛口の味わいもあります。ベースのドライジンの度数は、度数が40%近くあるので、ジンベースのお酒は度数も高いイメージがあります。ジントニックはアルコール度数が高そうだから、今まで頼まなかった方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ジントニックのアルコール度数は5%程度なのです。

なぜ、ジントニックの度数はそんなに低いの?

ジントニックの作り方は、1対4の割合で、ジンをトニックウォーターと割っています。バーによってはこの割合は変わっていますが、アルコール度数は5%前後に調整されているところがほとんどです。

ジントニックは度数が低くて飲みやすいけど、カロリーが高い!?

度数が低くてすっきりした味わいのカクテルだけど、飲みすぎには注意!

ジンはスピリッツと言われる蒸留酒なので、カロリーが低く糖分を含んでいません。適量の摂取なら太らないでしょう。しかし、カロリーが高くなっている原因は、トニックウォーターのほうにあります。トニックウォーターは、炭酸水に果物の皮と糖分を含んでいます。この糖質量が意外と高いので、過剰な摂取は当然太ることに繋がっていきます。ジントニックは、炭酸によって飲み心地がすっきりしています。度数が低いロングカクテルですが、おいしくて何杯も頼んでしまう方は要注意です。、トニックウォーターの成分を理解することで、適度な飲酒を心がけましょう。

度数が低くてもおいしくなるジントニックの秘密

お店のこだわりで、度数が低くてもさまざまな味わいが出せる

ジントニックの作り方は非常にシンプルです。シンプルゆえに、度数でごまかさずに作り方や味付け、フレーバーで味が変わってきます。

ジントニックに添えられているのは、ライムだけではありません。

ジントニックのグラスに添えられているのはライムというイメージがあります。しかし、お店によってはレモンを添えているところもあります。ジントニックはライムにするかレモンにするかだけでもその風味と味わいは大きく異なります。

【度数】ジンの種類もさまざま【味】

ジントニック自体の度数は5%程度ですが、ベースであるジンはアルコール度数40%のものからアルコール度数50%のものまであります。味わいも、柑橘系の甘さや果実味を強調したものから、香草系の香りを効かせたドライで辛口のものまで、さまざまなタイプのジンがあります。ジントニックを酸味の強いものにするか、甘みのあるものにするかはバーの方針で大きく変わってきます。

お家でも度数が低くてもおいしいジントニックが作れる!

度数を調整して、お店の味に近いようなジントニックをつくる

ちょっとしたポイントを押さえるだけで、簡単においしいジントニックをつくることができます。まず、大切なことはベースとなるジンを冷やすことです。できれば冷凍庫が好ましいのですが、冷蔵庫で冷やすだけでもおいしいジントニックができます。トニックウォーターも同様に冷凍庫か冷蔵庫で冷やしておきます。

グラスや氷はご家庭にあるものでもOK!

グラスは、ご家庭にある細長いグラスで十分です。しかし、あまりに口が広いグラスですと、炭酸の抜けが早くなってしまいますので注意しましょう。氷も大きいものでしたら、そこまでこだわらなくても大丈夫です。

度数の調整はジンの種類や量で!

度数はお家で調整するのは難しいでしょうが、ジン:トニックウォーター=1:4の割合を守ればアルコール度数5%のジントニックがつくれます。お店の味を出したいのであれば、この割合で十分ですが、アルコール度数の高いジントニックが飲みたい方や、ダイエット中でもジントニックが飲みたい方は、ジンの度数が高いものを選ぶか、ジンの比率を増やしましょう。
また、ライムかレモンかはお好みで良いでしょう。果汁を搾って混ぜれば完成ですが、あまり果汁を絞りすぎないことが大切です。絞りすぎると、皮のエグ味や苦みが出てしまいます。先に皮を剥いてしまってから、ライムやレモンを絞ると果実の味わいだけを引き出せます。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ